女子力アップ スマホでカラコン 通販 売れ筋 人気 ランキング

カラコン日常チェック

カラコンの日常チェック

 

 

表面に傷やヒビの入ったコンタクトレンズを使ったままでいると レンズの傷が眼を傷つけてしまうから すぐに装着をやめてください。
この様なことを防ぐには 普段からカラコンを使用する際に点検が必要ということです。
ここでは、実際に どのタイミングでどのようなチェックをすれば良いのかを説明したいと思います。

 

 

カラコンのセルフ点検手順

 

 

カラコンの点検は、カラコンを装着する直前に行うと良いと思います。

 

 

 

レンズを、凹面を上にして人さし指 又は中指に乗せます。

 

 

 

明るい自然光、または蛍光灯の光にかざします。

 

レンズを扱う場所としては洗面所等が多いと思いますが、日中でも電気を付け、明るい状態にしてください!!

 

 

 

角度を少しずつ変え、いろいろな方向から光を当てて観察する。

 

指に触れていない、レンズの周辺部分を一周ぐるりと光を当て持ってチェックしましょう。

 

 

 

効き手の人さし指と親指で、中心部分の傷をチェックします。

 

光にかざすように持つと見えやすいですね。
この手順をやらないと、レンズ中央の傷を見逃してしまうので、必ず毎回行ってください。

 

 

 

専用の液で潤いを補給してから眼に装着しましょう。

決して水道水などで潤いを補給してはいけません!!

 

専用の液 とは、ワンデータイプのレンズであれば容器内の保存液。
2ウィークタイプならすすぎ液で大丈夫です。 この両方がない場合は コンタクトレンズ用の 目薬でも可能です。

 

 

 

 

☆レンズの傷を防ぐために☆

 

ハードコンタクトレンズに比べて ソフトコンタクトレンズは、やわらかく厚みも少なくできています。
そのため、取り扱いを誤ると、簡単にレンズに傷がついてしまいます。
それを防ぐためには以下の点に注意しましょう。

 

 

 

レンズを落とした時は、水で濡らした指先に付着させるように拾います。

 

床に押し付けて擦ってしまわないよう気をつけてください!!

 

 

 

レンズは、専用のケースで保管しましょう。

 

その時、保存液をたっぷりと入れ、レンズが浸っている状態で維持することが大切です!!

 

 

 

 

 

大切な瞳を守るため、簡単セルフチェックは必ず実施しましょうね!!
使用前の簡単な点検を習慣化することで、より 安心・安全なコンタクトライフが送れるとおもいます。